海外ドラマ【ウォーキングデッド シーズン3】16話/リックの復活、そして涙の別れ!圧倒的な最終回!(ネタバレ感想)

投稿者: | 2020年5月23日

The Walking Dead
Season 3 Episode 16「奇襲攻撃」
(原題:Welcome To The Tombs

海外ドラマ「ウォーキングデッド(以下TWD)」のあらすじ、感想等です。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!
また、極端な残酷画像はありませんが、ゾンビ画像等も一部載せておりますので、
苦手な方はスルーしてください。宜しくお願い致します。

STORY
ウォーカーの捕獲場に火を放ち焼き尽くした人物がミルトンだと知った総督は彼を殴り続け、
ミショーンや、やってくる者すべてをウォーカーの餌食にしようとしていたと話す。
そしてミルトンにアンドレアを殺せと命じる。更に総督は町民を鼓舞し、
刑務所の人々を皆殺しにするために乗り込んでいく。
一方メルルの死や、ミショーンを差しだそうとしていたことに
納得のいかないカールは、リックのやり方に対して怒りを覚えていた。
(FOXJAPANより)

※参照元リンクを開くとシーズン全話のあらすじが出ますのでご注意ください

起きると何故か、ほぼ毎朝右肩が痛いケント・ビターです。
あとネオジオミニ(格闘ゲームがいっぱい入っている流行りのやつ)
の「サムライスピリッツ」で連打しすぎて腱鞘炎になったケント・ビターです。
っていうかあのシリーズはグロすぎるな!大人の俺でも引くくらい残酷だぞ!

という事で、もっとも素晴らしいドラマの最終回だと断言できる、
TWDのシーズン3最終回のレビューです!!

敵視点から見る籠城バトルは緊張感が凄まじいよね

前回のメルルの犠牲を経て、ガバナー率いるウッドベリーのバトル要員が
揃って刑務所に襲撃しにくる緊迫の最終回です!!


FOX TV/IMDbより

が、刑務所に誰もいないっぽいのでガバナー軍の視点になって
刑務所の中を練り歩くシーンがしばらく続きます。
この静寂はドキドキします!

あ、その前に先制攻撃的な感じでロケットランチャーみたいなやつで
グレンとマギーが監視の仕事をサボって
愛し合いまくっていた監視塔も破壊されました。
もうあのグレンが慌ててズボンを履くシーンは見れないのか……。

その頃アンドレアは、やはり拷問されてた……

2話ほど前に捕まったアンドレアは、
ウッドベリーにて血まみれになっている……!
拷問されているシーンこそないものの、
椅子に繋がれた血まみれのキャラってキツい。
ちなみに冒頭で博士キャラのミルトンがガバナーにボコられていたので、
ミルトンもやはり血まみれになっております。
ミルトンも戦争反対派なんで敵に仕向ける用のウォーカーを始末したのを
ガバナーに結構アッサリとバレてしまいましたからな。

ちなみに前回ガバナーは平和主義者が最初から容疑者だと思っていたので
暴力反対のタイリースさんがウォーカー始末をやったかと思ってふっかけたが
全然違うっぽかったので、2番目に疑ったミルトンに探り入れた瞬間に
ミルトンさんはめちゃくちゃ困り顔をしていたので即バレた感じです。

まだだ、もっと引き付けろ……もっとだ……
いばだぁぁぁ、うでええええええ(バトル・ロワイアル2の藤原竜也さん演じる七原秋也より)

ガバナー軍をある程度引き付けたところでリック軍が怒涛の反撃!!
ただ、目的が殺害ではなく追い返す事だったので、
威嚇的な感じで囲んで攻撃した事でガバナー軍は
最終回の割に本格的なバトルにならずあっさり撤退。

ちょっと驚きですね。最終回なので、シーズンを代表する敵となったガバナーと
ここでいったん決着がつくと思ったのですが、それは次におあずけみたいです。

違う時の画像だと思いますが、
「うおぉぉぉぉ、あたしとグレンの愛の巣をよくもおおおお!」
的な想いを感じ取れそうな画像だったのでここに置かせて頂きます。

FOX TV/IMDbより

ガバナーがサイコ化。つまり第二形態!

刑務所襲撃が失敗した事でガバナー軍の士気はダダ下がり。
しかも一部のメンバーは人殺しのバトルはしたくないんだけど、
と冷静になりもうやめようぜっ!!と意見したところ、
ガバナーによりほぼ皆殺しにされてしまいます!!
そして、残されたちょっとガバナーに引いている人々を連れて、
ガバナーは殺しに対して更に躊躇がなくなったネクストレベルとなり、
シーズン4では恐らく更なる強敵になるだろう事を想像させてくれます。
なるほど、今回で決着がつかないというのはそういう展開があったからなんですね!
すごいぞウォーキング・デッド!!

カールも鬼化……

ガバナー軍の逃げ遅れた少年が銃を渡して降参しようとしているところを、
まさかのカール少年が容赦なく射殺!!!

いわく自分の母も、メルルも、敵とされる人物を殺さなかった事で死んだので
敵と認定した奴は殺す方がベターでしょ?というヤバい思想に染まっておる。

しかもその染まっちった奴って、


FOX TV/IMDbより

こんな少年ですからね!末恐ろしい!!
(後ろに写り込んでいるウォーカーは、多分ですけど
ケーブルテレビの特番でやってた、TWDのウォーカーのオーディションに受かった日本人の方かも)

アンドレアのミッション:アクション映画によくあるギリギリのやつ

なんとあの怒りの男ガバナーがミルトンをめった刺しにして、
アンドレアのいる部屋にぽいっと放置していった為、
ミルトンがウォーカー化してしまったらアンドレアも危険という状態。
ミルトンは刺される前にアンドレアの腕の拘束を解く為に
わざと手術器具をアンドレアの足元に落として置いたので、
アンドレアがそれをなんとか足で拾い、うまく拘束を外せればOK。
視聴者の心臓を思いっきり締め付けるような、
あれ、ミルトンが目を閉じた……まさか死……あ、いや生きていた!
を何回か繰り返し、必死に足を動かすアンドレア。
途中、足を止めてミルトンとしばらくガッツリ語るシーンもあるが
さすがにこれはミルトンが亡くなる直前だから致し方ない!

そして、ミルトンは後半でついに死亡し転化してしまうのですが、
このタイミングがアンドレアの自力脱出のタイミングとかなりギリギリ。
アクション映画によくある間一髪脱出系、もしくは
スパイ映画にあるUSBメモリを会社のボスのPCに挿して情報を抜き出す。
コピー中です……37%……その頃ボスが近づいてくる!!
間一髪、コピー出来て……ボスのデスクの下に隠れる!!
的なあれですね。本当にヒヤヒヤするシーンです。

しかし、アンドレアもついに……

かなりスピーディな展開ですが、リック達がウッドベリーにやってきて、
アンドレアを取り戻しに拷問部屋に突入!

そうしたらなんと、アンドレア、間一髪ならず噛まれていたよ……。
悲しすぎる。しかも胸元。だからハーシェルみたいに斬り落とすとか無理……。

アンドレアが最期に、自分は戦争を止めようとした、と語りますが、
そうなんです。前回のメルルもそうですが、2人とも不慮の事故とかでなく
誰かを守る為に危険を承知で行動を起こしたのです。

その強い意志にとても心を揺さぶられる瞬間でした。


FOX TV/IMDbより

シーズン1からどことなく不安定な面も多く、
メルル同様2つのコミュニティに生きたアンドレアでしたが、
過去に仲違いしたミショーンに看取られて自らを撃つ、
とても悲しい最期でした。

そういえば、メルルもアンドレアも、シーズン1から登場していたキャラですが
2人とも途中離脱していた事とかも共通していますね。
いずれにしても、このシーズン3では大きな役割を担ったキャラ達で、
まさかそんな2人が2話連続で死んでしまうとは、という脱力感でいっぱいです。

シーズン1開始早々に妹を亡くし、親のような存在だったデールさんを亡くし、
友人を失い、愛した男とかつての仲間たちが戦争を始める。
激動の日々を生き抜いた女性だったと思います。
アンドレア、どうか安らかに!!

アンドレア役のローリー・ホールデンさん含む皆さんのいるオフショット。
メルルはいないがガバナーはいる。
あとこういう集合写真でのカール役のチャンドラー・リッグスさんって、
いつでもすごい笑顔を見せてくれるので、本当にその笑顔に癒されます。


FOX TV/IMDbより

引きずっていた悲しみを乗り越え、シーズンを終える!!

この話の最初にリックの視線の先にいた妻ローリの亡霊が、
シーズンラストの同じ場所にはもういなくなっている、
という妻の死を乗り越えたのだろうと思えるリックの表情でシーズンが終わります。

この堂々たる終わり方もまた素晴らしい!
あらゆる問題が山積みのままではあるけれど、
リック周りだけでなく、このシーズンで目いっぱい輝いたアンドレアやメルル、
そしてこれまでは怖がりな少年だったカールも母との別れを経験し
成長すると共に危険な一面も出てきたりと、立場としても本作のこの先の未来を担うキャラとして
今後が見逃せないと感じさせたり、メインキャラ以外でも
コミュニティを移り続けたタイリース達など、色々なキャラにフォーカスされた事が大きいと思う。
(グレンとマギーの恋愛もかなり尺を使っていましたが、
あくまで個人的ですがそこはちょっと高校生カップルのような初々しさ、もどかしさで
少し作中の雰囲気とはミスマッチだったかなという印象が……あくまで個人的にですけどね!)

最後の場面でガバナーから離れ刑務所に移り住んだウッドベリーの住人達、
そして勿論ガバナーも、これからどういう動きをするのか全くの未知数。
雰囲気としては一区切り終わったようなラストではありますが、
これまでのシーズンとは全く違う、言うなれば「ウッドベリー編シーズン2」へ続く終わり。
まさかに最高傑作レベルのシーズンでした。本当にすごかった!
やっぱりこのドラマは凄まじい!


ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

関連商品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です