海外ドラマ【ウォーキングデッド シーズン3】6話/死者からの電話…なんか泣ける(ネタバレ感想)

投稿者: | 2020年1月5日

The Walking Dead
Season 3 Episode 6「届かぬ想い」
(原題:Hounded

海外ドラマ「ウォーキングデッド(以下TWD)」のあらすじ、感想等です。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!
また、極端な残酷画像はありませんが、ゾンビ画像等も一部載せておりますので、
苦手な方はスルーしてください。宜しくお願い致します。

STORY
リックが1人でいる時に刑務所へ電話がかかってきた。
かけてきたのは若い女性で、仲間とウォーカーのいない安全な場所にいると言う。
リックは受け入れてくれないかと打診するが、彼女は仲間と相談しないと分からないと言い、
懇願するリックを無視し電話を切ってしまう。
メルルは森へ去ったミショーンの捜索に出ていた。街を出た者を抹殺するためだったが、
そんな街の闇の部分に気づかないアンドレアは総督との関係を深めていた。
(FOXJAPANより)

※参照元リンクを開くとシーズン全話のあらすじが出ますのでご注意ください

前回まさかのリックがむせび泣いていた部屋に電話が…!!
というホラー展開で終了しました。
しかも黒電話!なんかJホラーっぽい空気がすごいです。

自分達を正当化するのもこの作品の味

リックの元に何度か電話がかかってくるのですが、
どうやら電話の相手は安全な場所にいるそうです。

安全なところならどうにかジョインしたい!!という事で
「俺達はいい人間だ!!だから仲間にして!」と主張するリック。

自分達はオスカー達に囚人という理由で問答無用で外そうとしてた割に
そうやって正当化をする……というのが、なんだかリアルな感じで良い。
法もなくなった世界で、分かりやすい正義などは存在しない!
これがウォーキングデッドの世界のリアルだ!!!

その後、電話相手から人間を殺したか?と質問されたのに対しても
リックは正直に、事実ではあるが致し方ない理由も含めて答えます
「俺らを脅したから致し方なかったんだよね」
「俺をエサにしようとしたから致し方ないっつーか」
「仲間だったけどおかしくなったから致し……以下略」
確かに全て理由ありきの殺人っちゃ殺人…。
だけど、一番上に書いた脅したから殺した連中は、
シーズン2で牧場に仲間入りしようとしたサメシャツの人達
仲間入りを拒否する上での殺害だったし、
その後は居場所を知られたくないという理由でマギーの同窓生も殺そうとしたし、
なんだかんだ致し方ない部分と疑問がある部分のギリギリっぽいけどね。

そんな感じで、電話相手からの質問がリックの精神をガリガリ削る感じで
観ている側も今その話?みたいな違和感アリアリな会話が続いており面白い。

アンドレアの狂気がやばい!!

このエピソードではリックよりもアンドレアの登場シーンが多く、
色んな面が観れます!!!

まずは、ガバナーとの数々のシーン。


FOX TV/IMDbより

前回の金網デスマッチ的なものでガバナーへの不信感が生まれた…
かと思いきや結局のところウッドベリーに馴染みたい!!
というかガバナーことフィリップに魅力を感じている、
という想いを持っているようで、
植物園での熱いKISSとか、
生足がエロすぎるガバナーとのベッドシーン(なんか文字を小さくしてしまった)とか、
TWDとは思えないシーンの数々にドキドキです。

あとは、見張り番の仕事をもらったアンドレアが、
「アタシ、アーチェリーはオリンピックレベルの腕よ」
的に言っていた同じ見張りの住人がいざとなると弓で
ウォーカーを仕留められない状況を見て
「こうした方が正確よっ!」と近距離コンバットで瞬殺。

ウォーカーを殺した後のアンドレアはなんと、
笑顔だったんですよね。これが非常に怖い。

ウッドベリーという町で穏やかに暮らしたい一方、
自分の強さを誇示したいのか刺激に飢えているのか、
彼女の心の闇もまた怖い……そんなワンシーンでした。

ミショーンもメルルも容赦ない!

ウッドベリーから出たミショーンを、
メルルグループが追って殺し合いに発展!!
それも、最初に人を殺したのはなんとミショーンから。
なんで追手をアッサリ斬り殺したかはよく分からない。

その後、逃げたミショーンを追いたい男、
互いに痛手を負ったからそろそろ帰りたいメルルで意見が割れて、
メルルはあっさりとその仲間を殺害!!!仲間なのに!


FOX TV/IMDbより

人をキルする人がどんどん増えていく…。

だけど、この話でついに弟ダリルが生きている事をメルルは知ります。
その時にパァッと表情が明るくなるところだけとてもいいです。
その直後にグレンとマギーを連れ去るんだけどね。

電話の主はまさかのローリ

電話の相手はリックの名前を知っていたり、
妙に質問攻めしてきたり、違和感バリバリでしたが、
なんとその相手は、死んだローリでした…!!!

ちなみにそれまでに電話に出た男女はかつて死んだ他の仲間たち。

本編通して喧嘩ばかりだったリックは、
別れを告げられなかった妻に改めて愛している事を伝えます。
この切なすぎるシーンの後、リックは外にやっと出てきて
初めて自分の娘を抱きしめます。
現実と向き合う覚悟が出来たという決意なのでしょう。
死んだ愛する人からの電話、このシーンは本当に
何度観ても涙が出てしまう屈指の名シーンだと思います!!!

最後に、この話の見どころ

囚人のオスカーとアクセルがついに仲間入り。
オスカーはダリルと共に散策、アクセルは機械類の整備、
とグループの中でもしっかりと存在感を見せています!!
個人的にこの2人が大好きなのでとても嬉しい。

あと、生まれたばかりの赤ちゃんがめちゃくちゃ可愛いです。
前話のダリルがあやしているところも合わせて、
とにかく癒されて欲しい!!!
……という感じの6話でした。今シーズン本当泣けるなあ……。

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

関連商品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です