映画【蝋人形の館】手癖悪すぎるのでジャック・バウアーは助けに来てくれないが兄が来た(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年9月17日

蝋人形の館


映画.comより

公開年:2005年
製作国:アメリカ
原題:House of Wax
監督:ジャウム・コレット=セラ
製作:L・レビン、スーザン・レビン
ジョエル・シルバー、ロバート・ゼメキス
製作総指揮:ブルース・バーマン、ポリー・コーエン
ハーブ・ゲインズ、スティーブ・リチャーズ
出演:エリシャ・カスバート、チャド・マイケル・マーレイ
ブライアン・バン・ホルト、パリス・ヒルトン、他
レイティング:R15+

STORY
大学生のカーリーら6人の若者は、ドライブの途中で立ち寄った町の蝋人形館に足を踏み入れるが……。
(映画.comより)

レイティングというのは難しい。
国によって、グロ・エロがなくてもその表現内容によって
年齢制限があったりもしますが、たまになんですけど
配信動画とかでレイティングが書いていない時がありますよね。

それで今回は
「あ、24のキム役のエリシャさん主演のホラー映画だ!
レイティングとか特に触れられていないから全年齢かな?」
と思って観たら大変だったっていう話です。

リメイクでした

元々は邦題が『肉の蝋人形』というタイトルで
オリジナルはまさかの1933年!!
今回、聖飢魔Ⅱの曲のタイトルと同じ邦題になりましたが、
まあよくよく考えればオリジナルのタイトルは
完全なるネタバレなので仕方ないかな。

不思議すぎる組み合わせ

エリシャ演じる主人公のカーリー、そして彼氏ウェイド
パリス・ヒルトンさん演じるペイジとその彼氏なんとか。
カメラ大好き男なんとか、そしてカーリーの兄貴のニック

……以上のメンバーでラグビーを観る旅行に行く。

なんでこういうメンツになってるんだろうな!


Jon Abrahams, Robert Ri’chard, Elisha Cuthbert, Jaume Collet-Serra, director and Jared Padalecki/April 26, 2005
Photo by Jeff Vespa/WireImage.com/IMDbより

カメラ男は特に触れられていないが腐れ縁とかだとして、
カーリーの兄のニックについては「なんで連れてきたの」
と言われるくらい、さすがにアンバランスです。
しかも元受刑者だそうで、グループの輪にも入り切れず、
序盤は本当何故彼がいるんだろう感が強い。

手癖悪い

色々端折りますが、キャンプ中に彼らの近く謎の車が来たので
ライトを破壊してやったら夜中のうちに復讐で
自分達の車のガソリンか何かが抜かれたのかで、
補充のため町を探しにカーリーとウェイドが出掛ける事になります。

途中、ヤバそうな奴に助けてもらったりなんだりもありつつ、
やっと町に到着してガソリンスタンドの店員を見つけるものの
葬儀中なんで数十分待てと言われ、やる事がないという理由で
町にあった「蝋人形の館」にとりあえず入る事に。何故だ。
というか、「閉鎖中だって」と言いながら入っていく!!

で、超不気味な雰囲気で、しかも彼らはホラー好きとかの設定ではないのに
すんごい館の中を興味津々に練り歩く。ひたすら練り歩く。
こういう映画によくある「この不気味なところで一発どうだい?」
的なB級クレイジー展開があるわけでもなく、ひたすら練り歩く。
しかも、勝手に蝋人形をライターで炙ったりする。なんなんだコイツらは!

急にSAW

その後、トイレを借りる為にガソリンスタンドの店主の家に入るウェイド。
トイレ後のウェイドは、何故かここでも手癖の悪さで家の中を捜索する
勝手に部屋に入って物を触ったりするんだが、さすがにどうしたって思う。

そういう謎の手癖の悪さを披露していたせいか、
ウェイドはその後襲われ、オジー・オズボーンのお面みたいなのをかぶった奴が登場。


Warner Bros./Photofest/MediaVast Japan/シネマトゥデイより

 

今年の来日公演キャンセルは残念だったが仕方ないOZZY様。
いつかきっと、ラストツアー来てください!!!

Getty/NME JAPANより

その偽オジーに全身拘束系のとんでもない器具に固定されてしまいます。
おい!これ全年齢映画だけど大丈夫だよね!?
明らかにSAWっぽいやつだけど!!!
と、その時まだR15+だと気付かない僕はビビるが、一応大丈夫でした。
ペタペタとなんかを塗られるだけでした。

だがこのペタペタは蝋で、「肉の蝋人形」の意味が分かります。
なるほど、精巧な蝋人形じゃなくて、単に人に蝋を塗ったわけね。

仲間がその後助けに来るのですが、蝋を剥がそうとすると
皮膚まで剥がれて大出血するシーンがやたら痛々しいです。
その後、皮膚の断面まで出てしまい、R15+を確信。

パリス・ヒルトン身体を張り、結果ラジー賞

パリス・ヒルトンが「待ちチーム」の1人なので、
序盤のイチャイチャシーンと後半のイチャイチャシーン以外あまり出番ない。

なんかこの画像を見る限り、公開前の時点で
死ぬことを堂々と予告してるがいいのか?

Paris Hilton
People’s Liberation, Warner Bros. Pictures, and Kitson Celebrate Horror Thriller “House Of Wax”
– Red Carpet and Inside/Photo by Jeff Vespa/WireImage.com/IMDbより

途中、とんでもなくセクシーなストリップなどをして、
その後見せ場として殺人鬼に追われて悲惨な死に方をしますが、
この作品を含めた数作品でゴールデンラズベリー賞の不名誉な受賞をしたそうで。
脱ぎ損というか、もうちょっと出番があればきっと違ってきたと思うんだけど!

セクシー要員として死亡。でも本当に熱演してますよ!ラジー賞じゃない!

Warner Bros./Photofest/MediaVast Japan/シネマトゥデイより

でも、彼女はその後も堕ちる事なく化粧品プロデュースとかで成功していて、
本当にすごい人なんだな、と凡人ケント・ビターは尊敬しています。
歌も本当好きだったから、是非またやってほしい!!!!

一方エリシャは指を切断され、口を接着剤で…

パリスの短い出番を全て乗っ取ったかのような主人公カーリー。
また色々端折りますが、結局ガソリンスタンドの店主とその弟が
蝋人形館を充実させるために人さらいをしては蝋人形にしている、
というサイコな話でした。

途中で彼がやけに詳しく
「あの家には双子がいたんだけど、二人とも不幸でねえ」
と話しているあたりとか、まあコイツはその片割れだろうな、と
かなり分かりやすい雰囲気がありますけど。

で、カーリーは口に接着剤を付けられて声が出ない状態。
でも手足はガムテとかで縛られているので、
これは単に犯人側のドSな趣向なんでしょうね。

その監禁途中に兄ニックが助けに来たのでなんとか合図を出そうとすると
ペンチで指をいきなりもぎ取られる

グロすぎてここで一時停止。

でまあ、この兄貴が妹想いなだけでなく
友達が起こした犯罪も、前科がある自分が…と罪を被ったりと、
相当にいい奴だと判明します。

なので、後半からはこの兄妹VSサイコ兄弟になります。

なんだこの写真!!ちなみに言うまでもなく兄が左で妹が真ん中です。
血の付いた服を着替えているシーンなのですが、男性達の紳士な感じが素晴らしい。


IMDbより

もっとちゃんとした画像ありました。


Warner Bros./Photofest/MediaVast Japan/シネマトゥデイより

まあとにかく、6人の主人公グループのうち、
あとの4人は結構あっさり死にます。

パリス嬢の彼氏なんか、殺されるシーンすらないっす。
気付いたら死んでいる。

3人兄弟オチ

最後は、なんとなく兄妹無事にサイコブラザーズを撃破し、
まさかのドアも壁も全て蝋で出来ていたという
これまでどうやって維持してきたの?という家を全焼させて勝利。

まあ、ホラー映画のこういう形の終わり方だと、ラストは
双子のどっちかの遺体が焼失した家から出てこない、みたいな終わりかな、
と思ったのですが、

実は兄弟は3人だったんだ!!と分かるENDでした。

救急車で移送中に、前日に出会った変な親切おじさんが道にいて微笑みかけてくるいかにもなやつ。
という、急なオチでした。彼が兄なのね。でも、3人兄弟っていうのはさすがに無理あるだろ…。

だが、マイケミが主題歌だったからもう100点でいい

エンディングでいきなり流れたのは、My Chemical Romanceの”Helena”です!!

このPVの雰囲気もそうですが、マイケミカルロマンスは本当にハロウィンな感じ。
この作品のテーマによく合います!!これだけで大満足!!
エンドロール3回観ちゃいました。

その他も、デフトーンズとかヘヴィロック系のバンドが多く使われていて、
サントラだけでもコンピレーションアルバムとしてクオリティ高そうでした。

まとめ

という感じでした。
エリシャさんは24に限らず危機突入率も、生還率も、異常に高い
兄弟は結局どうやって生計立ててるのかな、とか、
町は実はとっくの昔に無人になっていたのだけど奥深くだったから
警察も見つけられなかったんだ、とか色々気になる事はありますけど、
あと親友が死んだのにカーリーは
「さっきペイジ(パリス)とペイ彼の死体があった」
とさらっと報告して、自分の彼氏が死んでも特に引きずってない感じっていう
なんか山奥ロッジホラーっぽい引きずらないENDなのも気になりますけど、
ゴシックな世界観など非常に怖かったです。

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 

関連商品

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です