海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 2. Episode 12】姉、やっと窮地脱出→妹テロリストだってよ。(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年8月25日

海外ドラマ「24」のあらすじ、感想、ツッコミです。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!

24 -TWENTY FOUR- シーズン2
12話(7:00pm – 8:00pm)

STORY
19時──死体が身代わりだと見破ったジャックは地下室に潜んでいたアリを捕らえる。
ジャックはアリの家族を拘束し、核爆弾のありかを言わなければ
家族を一人づつ殺すと脅迫。ようやく場所を聞き出すとノートン飛行場へと向かう──19時59分

(FOXJAPANより)
※ページを開くと他のエピソードのあらすじも上下にありますのでネタバレにご注意ください

バンドをやっているケント・ビターです。
レコーディングを半日やると疲れてしまうのですが、
そんな時に24時間頑張る彼らを見習わねば!!と反省の日々です。

ジャックならやりかねない一般人の〇害

ついにサイエド・アリを確保!!!
ジャックがテロの爆弾の在り処を尋問するものの、
アラーの思し召しだ~、と一切答えないアリ。

仕方ねぇな、とジャックが取り出したのは
アリの祖国にいる妻と息子たちを縛り上げた衛星LIVE映像を!!
言わないと順番に殺すぜ?と脅すバウアー。

うーーーーーーーーん、なかなか残酷!!!
これが主人公っていうところがまた!!

それでもまさかのアリは何も言わないので、
見せしめという事で、バウアーの指示で

アリの長男(6歳くらい)を銃殺!!

「さて次は次男だぜ?」と言った事でさすがに心が折れ、
アリは爆弾のある飛行場と爆撃ルートをついに告白。

だが、実は映像は細工してあったので息子は無事でした!!

しかしこれがガチだったらもうこの話限りで観るのやめようかな、
と当時思った記憶があります。

ケイト、生涯最悪の日

妹の婚約者がテロリストに関係していると疑い、
一人ひたすらビクビクと過ごす午前中のケイト、
そしてテロリストに捕まり、目の前で探偵を殺される。
自分も拷問される午後のケイト。

どうにか助けられたものの、テロリストがいると思われるモスクに潜入。
なんとか無事に助かったケイト(ただし現場で1人焼死)。

トラウマに包まれる事は必至。
だがこれで彼女は無事に助かった。

と思いきや!

妹がテロリスト候補

とこのエピソードで告げられ、そんなはずない!
と妹を信じてTELするものの、ガチっぽい。

絶望。


IMDbより

ケイトさんにとってこの日は人生最悪。

この後はシーズン2後半へ!!

目下このシーズンでラスボスとされるアリが捕まったので、
爆弾を処理するというミッションは残っているものの
ちょうど半分終了ですね。
残った敵は、ケイトの妹のマリー。
24はニーナ・マイヤーズだったり
シーズン1で飛行機を爆破してそこから飛び降りた人とか、
女性キャラがとにかく強いですからね。
マリーも相当な手練れみたいなのでこの後注目です!!

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

 

関連商品

  

 

こちらで全シーズン配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です