海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 2. Episode 11】エヴァの冬月さんの拷問を思い出す(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年8月21日

海外ドラマ「24」のあらすじ、感想、ツッコミです。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!

24 -TWENTY FOUR- シーズン2
11話(6:00pm – 7:00pm)

STORY
18時──裏切りを確信したパーマー大統領は、
NSA長官ロジャー・スタントンを逮捕させるがロジャーは一切黙秘する。
一方、ジャックとケイトはアリが潜んでいるモスクへ到着、
礼拝が終るのを待って踏み込むが、アリは焼身自殺を図ってしまう……──18時59分

(FOXJAPANより)
※ページを開くと他のエピソードのあらすじも上下にありますのでネタバレにご注意ください

 

そろそろシーズン2も折り返しが近づく。
シーズン1とは違ってもうこの時点で24時間つまり24話が前提だと思うので、
サイエド・アリという敵キャラは24話まで暗躍するはず……だ!!
(前シーズンは好評で倍くらいの放送回に途中で増えたから
ラスボスと思えた奴がきっかり半分でいなくなって
そっから新ボスが登場したから)

ケイトが主人公の回でいい

前回色々な情報を与えてくれた巻き込まれ系のケイト。
今回は礼拝に忍び込んでサイエド・アリ探しをする。

このヒリヒリ具合が本当に緊張する!!
裏でサポートしてもらっているとは言え、
主人公は今回に限ってはジャックでなくケイトでOK!

キンバリー、急にサバイバル編スタート!なんでだよ!

前回、ヒロイン?ポジションの特権なのか分からないが
車の大事故の中でたった1人無傷っぽい感じのキム。
その後、なんかヘリとかから逃げながら森の中へ。

そこまで大掛かりな捜索ならもう逃げるの諦めようぜ…。
捕まったら罪がもっと重くなるよ…。

そして、森の中に迷い込んだキムの目の前には
コヨーテ的な犬的なのが数体取り囲んでおる!!

バイオハザードならかなり危険な状態ですが、果たして!

っていうか、急にこんないきなり危険な区域があるもんなの?
と思ったけど、よく考えたら移送中に事故を誘発させたわけだから、
人のあまり住まないような地域だったんでしょうね。
でもそんな地域なら森に迷い込んだりしてるうちに餓死しそう。

昔、受けたくないなーと思っていた冬月先生拷問

NSA長官のロジャーさんという人が3話くらいから登場し、
パーマー大統領にとって心強い人だったのです。
結構おじいさんな感じのキャラです。

だが、どうやら敵側かもしれないぞという可能性が出てきてしまい、
まさかの大統領主体の拷問がスタートする!!という事態に!
しかも大統領のいる部屋のそこそこ近い部屋。

話せ!と言われ、答えないと電流を流すやつ。
で、話さないとどんどん電流が上がるというやつ。

思い出す。
エヴァンゲリオンの漫画版で冬月コウゾウ先生がゼーレに捕まり、
(アニメ版でも捕まってたらすみません、覚えてなくて…)
椅子に座らされて、眠りそうになると電流を流された拷問。
冬月さんもかなりお年を召されていたので、
残酷すぎるよな、と当時引いたのを思い出しました。

どうでもいいかもしれないけど気になったやつ


IMDbより

画像が他になかったのでちょっとネタバレっぽい感じの別場面画像ですみません。

画像は、ケイトの父親で容疑者候補の1人になっているボブさん。
激昂したりするのでトニー・アルメイダに「牢屋にブチ込むぞ!」
と怒られたりしつつ取り調べを受けているのですが、
かなりギリギリの攻防が続く中でいつも目に入る。
左胸に付いているやつ。そう。

CTU VISITORのパス。

途中、犯人扱いされても、VISITOR。

途中、拘束されかけてても、VISITOR。

まあ、CTUにいるからVISITORなんだけど、
なんかキレたりキレられたりするシーンが多いので
VISITORという単語との親和性の無さになんか笑いそうになる。
容疑者的に連行されてきた人もこのパス付けてたっけ。

例えば家に強盗が入ってきて、すごい怖いのに
スリッパちゃんと履いて歩いているみたいな違和感が!
違うか!バイバイ!!

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

 

関連商品

  

 

こちらで全シーズン配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です