海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 2. Episode 10】犯人→真犯人候補→からのまさかのあなたが!!(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年8月12日

海外ドラマ「24」のあらすじ、感想、ツッコミです。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!

24 -TWENTY FOUR- シーズン2
10話(5:00pm – 6:00pm)

STORY
17時──危機を脱したジャックは実行犯アリの隠れ家へ急行、
監禁されていたワーナー家のケイトを救出するが、アリはすでに立ち去った後だった。
ジャックは人相を知っているケイトの協力でアリを捜す。
協力的な働きを見せたシェリーのおかげでジャック達を襲った
特殊部隊『コーラル・スネーク』とNSAの関係が判明。
大統領は長官への不信感を募らせる──17時59分

(FOXJAPANより)
※ページを開くと他のエピソードのあらすじも上下にありますのでネタバレにご注意ください

畜生!!ドラマも映画もたくさん見過ぎていたら、
元々の趣味のアニメと漫画に触れない生活が続いてしまっている…。
なんて幸せな悩みなんでしょうね…。

取り返しのつかないパトカー放火

核の情報をCTUがひた隠しにしているので誤認逮捕されたキム達は
信じてもらえず、結局殺人容疑で連行されることに。
キムの彼氏のミゲルがどうにかパトカーから逃げる為に選んだ方法は、

パトカー燃やす((C)マキシマム ザ ホルモン)

車内でバンダナを燃やしてパニックになったので運転が狂い大事故!

結構優しかった警官も、自業自得ですがミゲルも超大怪我。

キムだけ、準主人公的な感じなので無事。
1人どっかに逃げ出してしまいました。

あ、この回では前回で大統領が殺害許可を出したジャックも
主人公なので殺される直前で助けてもらったので無事でした。

こんなに役に立った一般人なのに、まだやらせんの!?

前回、見るに堪えない拷問シーンがありましたが、
拷問を受けた探偵は死亡、一緒にいたケイトが今度は標的。
耳をゆっくり切られる拷問を受けた後に
タオルで優しく止血してもらうという謎の流れを受けつつ、
無事に救出!!!

ケイトは一般人なのにとても役に立ちました。
以下の情報をジャックに伝えました。

・死んだと思ったサイエド・アリが生きている
・サイエド・アリのビジュアルや服装
・アラビア語で会話していた事
・アラビア語で「祈り」という単語を聞き取り
近場のモスクにいるんじゃないかとジャックが推理

もうこれ、拷問を受けていた女性とは思えないほど
凄まじい活躍をしてくれました、さすがケイト!!!

ケイト「私役に立ちました?」
ジャック「めっちゃ役に立った!!!!」
ケイト「うっす!!」
ジャック「だけどねー、サイエド・アリの特徴は分かったけど、
顔までは判別出来ていないんだよ、俺らは。

つまり……

一緒に探しに来てくれない?」

ケイト「はあっ!?」


IMDbより

上はいわゆる「スンッ」とフラットに引く感じのケイトフェイスですが、
実際は画像なかったんですが、眉を寄せた感じのドン引きフェイスでした。

犯人(というかテロ関係者)はまさかのあなた!?

ケイトの妹のマリーの婚約者のレーザという人がテロ協力者候補で、
数回前にレーザが「いや、その怪しい情報のやり取りを指示したのは
俺の上司つまりマリーの父親だぜ!!」
と、告白し、マリーにとっては婚約者→父、と順番に怪しくなったものの、

結局真犯人はまさかのマリーでした。

刑事と婚約者レーザを殺害し、ついに裏の顔を見せる!!!

ケイトが一生懸命協力する中、妹さんがテロリストだったかあ…。

急に色々ぶっこんでくるなあ…
この二転三転の感じ、まさしく24って感じだな!!

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

 

関連商品

  

 

こちらで全シーズン配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です