海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 2. Episode 6】彼女に頼まれたら犯罪者になれますか?(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年7月19日

海外ドラマ「24」のあらすじ、感想、ツッコミです。
あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!

24 -TWENTY FOUR- シーズン2
6話(1:00pm – 2:00pm)

STORY
13時──情報と交換に恩赦が認められたニーナはふてぶてしく開き直るが、
ジャックの巧みな尋問で主犯格ファヒーンの居所を吐く。
一方、パーマー大統領は突然やってきた元妻シェリーから
「軍がLAから避難している」と聞かされ愕然とする。最高機密が漏れている!
内部の人間に不信感を覚えるパーマーは、
不本意ながらもシェリーに別荘に残って真相を追究するよう求める──13時59分。
(FOXJAPANより)

※ページを開くと他のエピソードのあらすじも上下にありますのでネタバレにご注意ください

メインストーリー、サイド1(キム)、サイド2(ケイト)と書いていましたが、
ここに来てメインの中のパーマー大統領エピソードも広がっていきます!
そうしてだんだんそれぞれのメインキャラが交わっていく、それが24!

そして、しばらく拷問シーンがないと、そろそろ来るかもしれない…
来ないでくれ……と怯え始める。それが俺だ!!!!!

仕事中に彼女に無理矢理呼ばれ、色々させられる

キムの彼氏のミゲルという人は音楽プロデューサーだかエンジニア的な人で、
仕事中に無理矢理呼ばれ、核爆発が起きる事までは緊急性の為に知らされるが、
その後はメーガンちゃん救出の為にただただ消費される運命に…。

まず、DV父親を偽の電話で引き付けキムが救出するのですが、
脱出する際にどうにかするために、
受付のパソコンのモニター(のみ)を強奪!!

とりあえず奪った感が満載で逃げる!
その隙に何食わぬ顔で病院から出るキムとメーガン。

以前、藤原竜也さん主演のドラマの『そして、誰もいなくなった』というやつで、
システム開発をする藤原さんが不当確保されるか何かの時、
自分が作ったシステムを持っでいがだいでぐでぇえええええええええ!!!
的に叫びまくるシーンがあるのですが、その時に彼が
「あああああああああああ!!」と叫びながら必死に掴んでいたのが
パソコンのモニターなんですよ。
あれ見て、「モニターじゃなくてサーバーとかPCとか掴んだ方がいいんじゃない?」
と思った事を思い出してしまいました。

どうでもいい話ですみません!!

そして泥棒になってしまったミゲルも合流し、さて逃げるか!!
となるが、ここでDV男が追い付く!

BATTLE START!!!

いやーこれはさすがにDVに慣れてるだけあって攻撃力が高いか?
いやー娘にしか暴力を振るえない奴だから逆に弱いのか?

と思ったのですが、まさかの。


IMDbより

ミゲルさん、格闘技をやっていたのか分からないが
あっさりと勝利。DV親父は気絶!!

ちなみにこの場所は駐車場です。病院の。
そこで始まるバトル。
24あるある、公共の場での争いについては
モブは一切関知しない。

そして、DV親父の車でどっか行こう!とキムが提案し、
「キーを親父から奪って」とまた指示されるミゲル。
すごい使われてしまって、将来も苦労しそうな感じです。

そういやニーナの素顔って30分くらいしかなかったな

シーズン1では常にジャックの一番の理解者だったニーナ。
その最後で敵側だったと分かるので、視聴者としては
恐ろしいニーナをほとんど見た事がないんですよね。

だから、不敵な笑みでジャックの脅しと戦うニーナは
(あれ、字面だとジャックの方が悪そうだぞ)
非常に新鮮であり、そして怖い。

そして、恩赦恩赦恩赦恩赦うるさい

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

 

関連商品

  

 

こちらで全シーズン配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です