映画【サバイバー】ミラ・ジョヴォヴィッチ版ダイ・ハード(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年5月20日

サバイバー(2015)


((C)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED./映画.comより)

公開年:2015年
制作国:アメリカ、イギリス
監督:ジェームズ・マクティーグ
製作:チャールズ・ウィンクラー、レス・ウェルドン
アーウィン・ウィンクラー、マット・オトゥール
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ピアース・ブロスナン
ディラン・マクダーモット、アンジェラ・バセット
ロバート・フォスター、他
レイティング:G

STORY
ロンドンのアメリカ大使館に赴任した外交官ケイトは不審な入国者の存在に気づくが、
伝説のテロリスト・時計屋に狙われ爆弾テロのターゲットになってしまう。
どうにか生き延びたものの爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられた彼女は、
時計屋のみならずアメリカ国家やイギリス警察からも追われる身に。
そんな中、大みそかのニューヨーク・タイムズスクエアに
テロの危機が迫っていることを知ったケイトは、人々の命を救うべくたったひとりで戦いに挑む。
(映画.comより)

前年の2014年にも同名の映画があったそうですが、
この映画は、ミラとピアース・ブロスナンが出演するという
非常に豪華な映画です。
『バイオハザード』のアリスと『007』のジェームズ・ボンドが
敵対するという映画ですよ!!それ聞くだけでお腹いっぱい!!

そんな映画のネタバレ含むレビューになります!!

じゃあ僕は仕事出来ない奴のままでいいや…

今作でミラ演じる外交官のケイトは、
9.11で友人を亡くした事もあり、非常に仕事熱心です。
テロリストになり得る可能性がある人はかなり厳しくチェックし、
あるテロリストに目を付けていた事から、
目ざわりだ、始末しよう!!と狙われてしまいます。

そして、巻き込まれて同僚が数名死亡する中、
タイミングよく外に出ていたので無事だったので
逆に殺人犯の疑いをかけられて逃げる話です。

しかも、本当に仕事熱心だっただけなのに、
「彼女、遅くまで残業している日が何日もある!
これはよからぬ企てをしていたからに違いない!!!」
と疑われます。かわいそう!
仕事熱心なだけなのに!!!

ちゃんと味方がいるのは助かる

頼る人が…いた!数少ない理解者がいてくれて…
という展開は非常にありがたい。
特にこの話では、テロリストと、なんか
アメリカとイギリスの両方の警察から追われてるから。

今作では、一緒に調査してくれる上司、
位置情報等々でサポートしてくれる同僚、
金をくれた友達の3人が仲間です。
いや、仕方ないんです。
ケイトは外交官なんで職場の人が仲間だと
非常に実践的な感じで助けてくれるのですが、
こういう大がかりな話だと一般人はそれしか助けられないですよね。

バイオハザードみたいな立ち回りかな?


(映画.comより)

こんな感じかな?
と思うじゃないですか(いや、思わないか)。

違います、こっちです。


(Amazonより)

ブルース・ウィリスなんです。
つまり、危機一髪な状況でも全然死なないのです。

最後のバトルなんかはラスボスとの一騎打ちになるのですが、
武器もなくかなり不利だと思われていたのにも関わらず、
他のキャラにもやった「目潰ししそうな手」攻撃で善戦します。

そして、ドン引きするほどに顔を殴られたり
顔をブロックにぶつけられたりするのですが、
なんと!ケイトは!!!
まったくの無傷!!!!!
(正確には、序盤の爆発事故で顔を怪我したところだけそのままで
それ以降はその傷以外は多分新規でないくらい無事)
で、ケロっとして勝利する。

これが序盤の爆発直後くらいのケイトで、その後ずっと雰囲気変わらない。タフネス!!!

((C)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED./映画.comより)

実はこのドラマにも共通している感じ

何かというと、これ。


(IMDbより)

そう、『24 -TWENTY FOUR-』です。
つまり、24時間頑張る感じです。
12月30日の夕方のディナー前に爆発が起きて、それから逃げて、
次の日まであちこち証拠探しに奔走して、
自身の職場である大使館に侵入しパスポートを偽造して、
テロを止める為、イギリスからアメリカへ渡ります。

そして、アメリカでカウントダウンの瞬間のテロを止め、
そこで物語が終了するので多分24時間以上頑張ってます。

飛行機の中でもずっとPCで証拠探しをしていて、
離陸前に注意されているシーンがあるのですが
果たしてこの後、飛行機の移動中くらいは眠れたんだろうか…。
自身がめちゃくちゃ指名手配されちゃってる不安と、
救うぞ!という使命感のため、きっと眠れていないんだろう…。

非常にケイトのメンタルと体調が心配になるストーリーです。

ボンドの活躍の悲しさ


((C)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED./映画.comより)

ピアースさん演じる凄腕の人は、
離れたところからの狙撃の天才だし、計算高い。

非常に怖い。

だが、ケイトを全く倒せない。

至近距離でも取り逃がす。
至近距離で撃っても当たらない。
ちなみに上記のカッコいい画像が確かその当たらない時のやつ
そう聞いてから画像見ると、なんかちょっと笑えてしまう。

ケイトがすごすぎるのか、彼が女性に優しすぎるのか(ボンドだし)、
結局最後はボコボコにしたのにケイトはノーダメージで、
あっさりと高いところから転落死という終わり方です。
(最近こういうラスボス転落死ENDって減りましたよね)

まとめ

つまり、ミラかっこいい!!映画っていう感じで、
日常シーンから爆発、逃げまくり、渡航、探す、ラストバトルと、
これらがまさかの90分強に収まってしまっています。
なので、ド安定したアクション映画をサクっと観るには最高ですが、
ほとんどの人は「これだけのキャストと面白そうな題材を集めたんだし、
もっと長く観たい!」と思われたのではないでしょうか。

なんにしても、ミラの美しさ、ピアースの渋さ、
そしてディラン・マクダーモット氏演じる
どこまでもケイトを信じてくれる上司サム、彼とケイトの関係、
もっと先まで観たいな!2作目として、アクション要素なしの
外交官の恋愛ストーリーで観たい。
邦題は『恋のサヴァイヴァー ~イミグレーション~』
みたいなひどいタイトルでいかがでしょうか。


((C)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED./映画.comより)

最後に、エンタメではあるのですが9.11を絡めた作品で、
当時のテロ映像や、今の取り組みについてラストに出てくるなど
メッセージ性も強い作品で、改めて多くの人を尊敬する事になるかと思います。

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です