映画【22年目の告白 私が殺人犯です】藤原さん久々に夜神月っぽい (ネタバレ少し感想)

投稿者: | 2019年5月9日

22年目の告白 ―私が殺人犯です―


((C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会/映画.comより)

公開年:2017年
制作国:日本
監督:入江悠

脚本:平田研也、入江悠
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
プロデューサー:北島直明、小出真佐樹
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆
野村周平、石橋杏奈、仲村トオル、他

STORY
1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。
犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、
殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子を
メディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。
捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、
犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。
そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した
殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。
曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。

(映画.comより)

いくぜっ!不定期な藤原竜也さんシリーズ!!
原作は韓国映画『殺人の告白』ですが、
日本の時効の制度をうまく物語に取り入れた
オリジナルとはだいぶ異なる展開のリメイク作品です。

犯人のヒントを含めた若干のネタバレについても言及しています。
ご注意ください!!!

今回は久々にデスノートの夜神月みたいな役柄

藤原さん演じる曾根崎はカリスマ的人気を得ます。
被害者遺族をおちょくる様子を見せたり、
序盤~中盤までは非常に嫌味なキャラです。

これがデスノート時代の藤原さんを思い出させて、
クール(だけど裏ではやたら情熱的)な天才犯罪者、
というキャラクターが素晴らしいです。

藤原さん、追い詰められる役が近年やたら多いですが、
今回は精神的に相手を追い詰めるシリアルキラーな感じ、
やはり演技の中にある「余裕のある、なし」という
キャラクターの心情を表現する天才です!


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会/映画.comより

ハスミンじゃない伊藤英明さんはやっぱりいい!

妹を殺された刑事を演じる伊藤英明さん。
私は『悪の教典』を観て以来、
あの殺人鬼ハスミン役がちらついてしまい、
ドラマ『ファースト・キス』(2007)で
劇団ひとりさんと阿部サダヲさんと一緒に
「そんなことないっ、そんなことないっ!」
っていうラップをしていた頃を思い出して
明るい伊藤さんを甦らそうとしていました。


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会/映画.comより

でも今回は、熱い!暑い!刑事役だったので、
安心しました。やっぱり熱い男!!!!!!

殺人鬼ってそんな人気になります?

ソネ様とまで言われ、等身大パネルまで作られ、
その前でJKが自撮りする、そんな大人気になったソネ様。


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会/映画.comより

いや、連続殺人犯だからね…。さすがに…。
でもこういう可能性ってあるんですかね。
元受刑者が手記を書くのは現実でもありますし…。
という事で、近々そういった映画も観てレビュー予定です。

中盤から後半にかけて、どんどん展開!!

私が過去の殺人犯ですよ~、という序盤、
そのせいで被害者遺族に狙われまくる展開、
まで来てからの中盤はまさかの

「お前、殺人犯じゃないよね?実は」

展開になります。

ここからが怒涛の展開で面白いです!!!!

ネタバレ書こうと思ったけど

やめておこう。

まあ、この作品はネタバレを読んでから本編観よう!
という方はそんなにいらっしゃらないと思いますが、
とりあえずここで書ける事は、

俺が犯人だ!!!!終わり。

ではない!!!

そして、もういっそ言ってしまいますが、

映画やドラマに大物俳優が出てたら…

まとめ

藤原さんと伊藤さん、個人的に対極なイメージでしたが
このお二人のペアは想像以上にいい!!!


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会/映画.comより

共に実力派俳優として活躍するお二人は色々な表情を見せてくれます。
そして、脇を固める人たちも全体的に豪華なんで、
もう全体的にずっと没頭して2時間一気に観てしまえる、
そんなサスペンス作品でした!!!!

実はここまで書いておきながら韓国のオリジナルを観てなくて、
こっちは更に評価が高いようなので近々観てみます!
(結末とかも結構違うそうです)

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です