海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 1. Episode 24】疑うと早い。24時間は、結構長い。 (ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年3月29日

24 -TWENTY FOUR- Season 1
24話(11:00pm – 0:00am)


海外ドラマ「24」のあらすじ、感想、ツッコミです。

あらすじの時点でネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください!


IMDbより
左から娘、妻、主人公、裏主人公?そして実はラスボスの並びだったとは…!

STORY
キムは無事に戻るのか?
スパイはもういないのか?
選挙の最終結果は?
ジャックVSドレーゼンの対決の行方は――!?
(FOXJAPANより)

ありがとう、24!僕らはこの24時間で大変熱狂した!!
まだあと何回も24時間が繰り返されるけど!ありがとう!!

まだニーナを信用する主人公

ジャ「パーマー氏が爆殺されてないのが敵にバレた!
俺がお前だけに教えた内容だけど、その事は誰が他に知ってる?」
ニナ「私とトニーとメイソン(上司)とシャペル(上司)っす!」
ジャ「じゃあ、その後者3人の中の誰かが裏切り者か…」
ニナ「ふーん。で、ジャック今何してる感じ?」

ニーナがすごいのかジャックがやばいのか、
いまだニーナは信頼MAX!!!

そんなニーナのバレポイントは、もう既にキムが自力で抜け出し保護されたので
ヴィクターからニーナに「ジャックにキム死んじゃったと言っておいて」
と伝えて嘘の情報でジャックをおびき寄せて最終決戦をする計画。

「えぇ…?バレたら私もやばいけど」
「だいじょーぶ!俺らがちゃんとジャックを始末すっから!」

と言っておきながら、キムが死んだとニーナに言われた事により
覚醒して無双モードになり車で単身ぶっこんで来たジャックに
あっさりアジトにいる数名が殺され、
わざわざおびき寄せたヴィクターもアンドレも比較的あっさり死去。

で、その後ジャックは警察に「そんな死者いないす!」と言われ、

……ん?だってニーナ?死体発見とか言ってたよね君?
ニーナ・マイヤーズ…お前が犯人じゃね

唐突 -TOU TOTSU- 。

そして上司のメイソンに報告するジャック。

ジャ「ニーナが内通者だ!」
メイ「なっ!!!なんで?」

ジャ「キムが死んだと嘘をついたから
メイ「…それ勘違いとかじゃない?」
ジャ「いや、彼女は嘘をついた!内通者だ!!!

なんか嘘いっこでめちゃくちゃニーナを疑い出した!!!

そして唐突に天才的なカンが冴えるジャック

管制室に電話し、
ジャ「朝8時50分から10分間の映像を送ってくれ!ジェイミーが死んだ時だ」

と依頼する。具体的すぎるんじゃないかさすがに!!

ジェイミーが手首切った時間を事細かく知っているジャック。
しかも、ピンポイントの時間。しかもニーナが殺したのだと疑っている。
急にやたら冴えている。実際やってるんだけど、にしても急すぎる!!

「ええっと、ああ、その映像は削除されてますね」
監視カメラの証拠隠滅とか、自由すぎるCTU!!!
「大丈夫だ、俺の暗号キーを使えば見れる
なんだそのシステム!!!

しかしこのカメラを睨むニーナは怖かったなー。

1か月以上前に触れた2分なんたらの件

だいぶ前に亡くなったジェイミーは自殺でなく、
ニーナがやったのでした…。

結局ジャックが一番信用していたニーナがまさかのラスボス。
当時私が強いショックを受けると共に、
以前触れた記事について…。

そう、この2分30秒っていうのはジェイミーを部屋に残して、
ニーナがトニーと共にその部屋に戻ってくるまでの時間だったのです。

で、1回部屋を出てから「あ、ちょ忘れ物!」とかで即戻らない限り、
2分30秒でジェイミーを切って、カメラを睨んで、血を拭いて、戻ってくる。
というのは、まず不可能な感じなんですよね。
なので、ニーナがやったにしてはあまりに時間がなさすぎるのです。
まあ、実際やったんだけどね

だから、これこそが視聴者の意向や視聴率で展開が動く24っぽいですよね。

もういっちょおまけに、裏主人公?と主人公とラスボス

IMDbより

ニーナに関してはいくつか真偽不明なトリビアがあって…

・ニーナ役のサラ・クラークさんは、自身がシーズン丸々スケジュールを空けたのに
前半で退場すると台本で知り(7話のジャックに撃たれるやつかな?)、
抗議して出番を増やした結果、裏ボスに昇進した。

・24は展開を極限まで隠す為に役者にも最新台本をギリギリまで渡さないので、
上記は一度死んだと思われたけど生きていたのに、
いやいや死んでるじゃん!と勘違いして文句を言った。

など、当時囁かれていました。噂は噂ですけどね。

ショッキングなラストシーンこそ24っぽい

この最終話の最後の数分で、やっと戻ってきたジャックは
職場で殺害されている妻を発見してしまう悲しいラストを迎えます。

まあ観ている側としては、犯人確定後に色々逃げる準備をしてるニーナを
テリーさんがひょこひょこ探しに行って「ねえねえ今どうなってるの?」とか
すごい質問攻めして脱走の邪魔をしている時点で
「危ないからそういうのしないで!尺でいうとあと30分でカタがつくから!」
と残り時間のカウントをしてしまう悪い癖がありますけど。

ニーナもテリーの事はギリギリで殺さないでおく流れだったのに、
たまたまその前に殺した人間の血を見られたので捕縛する事になり、
でも最後なんで殺しちゃったんだろうなー。殺さない話っぽかったのに。

この終わり方については、昨日の記事となんかかぶっちゃいますが
「もう1つのエンディング」では無事に生きていて終わりになります。
これはDVDとかには入っているのですが、ハッピーエンド中のハッピーエンドなので
ある意味ではシーズン2なくてもいいよなって雰囲気になるので、
結果こっちがメインとして使われたんでしょうね…。
キムが死んだと思って埠頭で崩れ落ちるジャック、
そして妻の遺体を抱きかかえて絶望するジャック。
キーファーの悲しみの演技は胸を打ちます。

しかも、後者は24には珍しい回想シーンを横の映像に映すのですが、
仲が良かった頃の2人の映像なんです。当時これに何万人が涙した事でしょう…。


IMDbより

という事で、色々とまとまりのない感想と、
ツッコミばかりで気を悪くさせてしまう内容で大変失礼いたしました。
日本で起きた海外ドラマブームの大きな歴史に残るシーズンを振り返りました。
シーズン2以降もまた観返していますが、
私の感想はシーズン1でいったん終了とさせて頂きます。
ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!

 

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

 

こちらで全シーズン配信中です!

 

 

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です