【ザ・ギフト】全てのいじめっ子に見せたい勧善懲悪Movie。あ、いや言いすぎか…(ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年3月6日

ザ・ギフト


(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
(画像はシネマトゥデイより転載)

公開年:2016年
制作国:アメリカ
原題:The Gift

監督:ジョエル・エドガートン
製作:ジェイソン・ブラム、レベッカ・イェルダム、ジョエル・エドガートン
製作総指揮:ジャネット・ボルトゥルノ=ブリル
出演:ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホールロビン、ジョエル・エドガートン他
(シネマトゥデイより)

STORY
転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、
サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。
再会を祝いゴードは1本のワインをプレゼントし、その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。
次第にその内容がエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになると、周囲で異変が生じ……。
(シネマトゥデイより)

サスペンスというか、個人的にはホラー……
うーん、超常現象が出ないホラーってサスペンスなのか?
とか毎度無駄に悩むケント・ビターです!!!
もちろん結末含めてネタバレしまくりなのでご注意ください!!

主人公のサイモンと妻のロビンは子供が出来ずに悩んでいます。
(すみません、多分妻のロビンの方が主人公とみてもいいかも)
過去に死産してしまった事もあります。
そこに偶然通りかかった、サイモンの高校の同窓生のゴード。
彼が夫婦に干渉してくる事で徐々に恐ろしい展開になる映画です。
お土産とかとか色々くれるようになります。ギフトです。

① 入口の横が大きな窓みたいになってる家って…

ホラーとかの侵入者に攻め込まれる系の映画って、
外から大きな窓で家の中が見える設計がよくあると思うんですけど、

こんな感じ。ちなみにこれは単なる夫婦のイチャラブシーンです。

(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
(画像は映画.comより転載)

しかも上の写真もそうだけど、窓の外と中から会話するシーンがいくつかあるので、
つまり家の中の会話も外に丸聞こえだよねオーマイゴッシュ!
これって普通なのかな?なんか、別荘とかしかこういうのありそうにないと思う。
っていうか、侵入され放題な気がする。

多分これが外から覗いてサイモンがいるか確かめてるゴードの画像。
こうやって他人に簡単に見られてしまうかと思うとこんなオシャレハウスには住みたくない。

(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
(画像は映画.comより転載)

② こういう隣人怖いサスペンスに出る犬って…。

テーブルの上に顔を愛犬がポンと顔を乗せているシーンがあるのですが、
それがとてもかわいいです。犬の名前はボージャングル


(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
(画像は映画.comより転載)

で、可愛いと同時にこういうスリラーっぽい作品となると、
犬が犠牲になってしまったらどうしようという不安が溢れてくるんです。
(私は犬がギフトの箱の中に混入さ…みたいな地獄を想像してしまっていました)

ボージャングル、最後まで耐えてくれ…!!!と強く願う俺。

なお、同じ不安を抱く方々に先にお伝えしますが、
ボージャングル1回行方不明になりますが、
怪我もなく無事帰ってきてラストまで無事です!!!良かった!!
終盤は出番がそもそもないんだけど。

 

③ 上昇志向のサイモンと、優しいロビン

同窓生なんだよー!とテンションぶち上がりのゴードはサイモンの家によく来る。
サイモンの学生時代の話とかも事細かに覚えていらっしゃる。

かなりいい奴っぽいのだけど、サイモンはゴードを気持ち悪い奴だと陰で言う。
ゴードが軍隊に入って、その後色々な仕事を転々してるんだ、と言っているのを聞いて
微妙そうな表情をしていたサイモンが次のシーンで着飾った妻とセレブな自社パーティに出ていて、
なるほどなるほど、サイモンはこういう上昇志向が強い人なのねと感じさせる。
最初はね。最初は上昇志向が強いよね、なんだけど。

④ 主人公側とは思えないほど嫌な奴サイモン!!

ある日、サイモン宅で「不気味なゴード」と冷蔵庫のボードに
サイモンが落書きしたのを発見。一瞬フリーズするゴード。
そしてそのタイミングでサイモン達を夕食に招待する
その話をサカナに、友人夫婦を盛り上がるという悪趣味サイモン。
(ロビンだけはゴードをフォローする)

「多分行かない」と言った次のシーンが何故か行ってる。
ここでサイモンがゴードに何かを伝えて帰宅するので、
ああ、もう構ってくれるなよと言ったんだろう。かなりキツめに

そして、サイモンの家にゴードから贈られた鯉が全滅し、
ボージャングルが行方不明になり、
更にゴードの屋敷は他人の家で勝手に侵入した事が判明。
この時点まだ映画の残りが1時間くらい残っているので、
どうなるのか!怖すぎる!
しかも、外から丸見えのドアなわけでしょ?
それでこの後1時間どうすんのよ!

だが意外にも「過去の事は水に流そうと思っていた」と手紙に書いて消えたゴード。
「えっ、過去ってなによ」と妻に言われても「…さぁ?」ととぼける。

今のところ、サイモンが超悪い奴という印象しかない。

そしてロビンがついにご懐妊!おめでとう!こっからいい奴になってねサイモン!

⑤ サイモンは超ライアーだぜ!主人公だけど!厳密には主人公はロビンかな?

実は同級生の頃、「ゴードがゲイで、色々なシーンを観ちゃったよ」
とサイモンが周囲にバラしていたことが判明。

そして調べているうちに、実はそれも全部デマカセで、
サイモンは単にいじめたくてゴードをターゲットにしてしまった。
んで、ゴードの父親はそのデマカセを信じて、息子を殺しかける。
それで父親は犯罪者となってしまったそうです。

まあ息子がゲイだから殺すっていう父親も極端だけど…。

なんにしても、なんてウソつきな!!!!!!
とロビンが問い詰めると逆切れサイモン。
ホラーなのに中盤くらいの時点で犯人側に恐怖より哀れみばかり感じてしまう珍しい作品。

結局サイモンは渋々ゴードに謝罪に行くのだが、
なんと謝罪も超上から目線
「俺の謝罪、受け入れるのか?」「わざわざ謝りに来たんだぞ?」
…どんだけサイモンはクソ野郎なのだ!

それで謝罪に対して「もう手遅れだ」とゴードは意味深に言う。
イラっとしてゴードを蹴り倒すサイモン。ついに暴力!!!

一方、サイモンは前々から昇進ポストをダニーという男と争っており、無事ゲット
ここまでくるとなんもおめでたい気持ちにならないですが、
まあ彼は昇進のためにゴルフ行ったり頑張っていたので、まあおめでとう。
どうやら競争相手が内部情報を漏らしたか何かで勝手に脱落したそう。

ところが!!!!!!

昇進おめでとうパーティ中にその相手から襲われ、
「お前、俺が内部情報を流してるとか嘘のメールを上司に送っただろ!」
という糾弾を受ける。お前、また嘘で人をハメたのか
サイモン…君は史上まれにみる嫌な主人公だよ…。

⑥ そして最後のギフトに選ばれたのはっ!!

なんにしても、子供が無事に生まれたのでハッピー!!
としておきましょう。

子供を病院で見ていて幸せいっぱいのサイモン。そこに上司からTELが。
「お前、競争相手の内部情報の話、でっち上げじゃないか!クビ!!!」

「ちょ待って!説明するから!今度時間ください!マジで!」
「いやもういいっす。バイバイ」
絶望のサイモン。

更に、やり直したはずの妻もこの件でっち上げを知り完全にガッカリして別れたがってしまう。

仕事を失い、妻も失いかけているサイモンが帰宅すると、
またもやギフト!!!!

ベビーカーと一緒にお祝いの品としては言っていたのは、
なんと、自宅の鍵(家に侵入できたのさ!という証拠)と、
CD-R(ゴードの家という名の他人の家に行った時、
下ネタ込みの内容でゴードの悪口を言っていた録音)、
そしてとどめは意味ありげなDVD-R!!

なんと!!!

中盤、ロビンが一瞬気を失うシーンがあるのです。
この後ご懐妊になるので、なんか体調不良なのかなと思ってスルーされるのですが、

その映像が流れます。
内容は、気絶したロビンをいじくるゴード。
つまり、これからヤるよ、というニュアンスの映像(途中で映像が終わる)。

そう、彼からの最後のギフトとは、なんと子供でしたーーー!!!

怖すぎる…。

本当にしちゃったの?という部分と、
結局ゴードの子供なの、それともサイモンの子供なの?
が劇中ではしっかりと判明しないで終わります。

ただ、今まで散々馬鹿にされてきたゴードは最後に
「どっちの子かな?目を見ればわかるんじゃない?」と煽って言ってくるので、
サイモンは子供を見つめる。
すると、赤ちゃんがやたら冷め切った目でサイモンをじーっと見つめ返す。
そしてサイモンはドアをそっ閉じして
頭を抱えて終了。つまり、答えは出ていないけど、
答えが分かっちゃったって事でしょうね…。

ただラスト、頭を抱えるサイモンを遠くからゴードが見ているのですが、
その時に復讐を果たした!という顔でなくて、
なんだか切ない表情をして去っていくのです。
この結末から分かるように、夫婦は壊れ、サイモンは職も失い(ゴード関係ないけど)、
赤ちゃんまで…という事で、復讐を果たしたゴード含め誰も幸せになれていないんですね。

因果応報をよく表した作品でした。
誰かに謝る時は、上から目線ではなく誠意をもちましょう!

…言われるまでもねえよ!と怒られそうな、そんな春の午後でした。

こちらで配信しています。間違えて最初吹き替え版を観ちゃいました。

ブログ村のランキングに参加中です!!
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です