映画【ハザード・オブZ】 プレステ4のホラーゲームを横で見てるような映画 (ネタバレ感想)

投稿者: | 2019年3月3日

ハザード・オブZ


(Filmarksより転載)

公開年:2016年
制作国:アメリカ
原題:Dead Rush
監督:ザッカリー・ラメラン
出演:ジェイミー・エリザベス・サンプソン、アレックス・マクファーソン、他
レイティング:不明(多分PG12+くらい)
(Filmarksより転載)

「Z」が付く映画はすなわちゾンビモノ、というのが分かったので、
色々観ています、ケント・ビターです。
ちなみに、恐らくは『ワールド・ウォーZ』が元ネタだと思われますが、
キューブ事件』のように、ワールド~の大ヒットにあやかって
日本版だけこういうタイトルにしているなのかもしれない。
だって、オリジナルタイトルはDead Rushなんですから。
それでもあえて観ました!!!!!!!!!

あらすじはなんとネットで見つからなかったので、ネタバレ無しだとこんな感じ。
-妻と友人に恵まれて過ごすデビットはある日、妊娠が判明した妻の肩に傷跡を見つける。
日々体調が悪くなる妻、そして世間では謎のインフルエンザが流行し始める…。

日本であらすじも見つからないようなマイナー作品について、
大いに語る事をお許しください。かなり面白かったものでつい…。
しかも公式画像もないので、ただ文章だけ延々と。すみません。

ちなみに、ネタバレにも多く触れますが、
ホラーゲームとかが好きな方は事前情報無しで観てみると結構面白いと思いますので、
この記事は読まずにご覧頂ければ楽しめるかと思います!!

ただその前に1つ、お伝えします。
上記のジャケット画像にいる女性は出てきません
(いや、メイクが違うだけで出てきてるのかもだけど、
どちらにしても違うと思う)

なんかよく見るとミラの『バイオ・ハザード』シリーズっぽい感じですが、
実際こういうゾンビとガンガンバトルしていくぜ!モノではありません
一応ね、観た方からジャケ写詐欺と言われないように先にお伝えしました。

だって、オリジナルジャケットはこれですよ。


IMDbより

まあ、このジャケットじゃさすがに
日本ではクラシカルなゾンビ映画を愛する方以外は、
ちょっとジャケットで引き付けるのは難しいと思うけど、
だけどね、日本版のジャケットはちょっと違いすぎるというか…。

そうそう、あれです。
おしるこのパッケージに映っているのに
下部に ※お餅は入っていません
って書いてあるように、これもそう書かないと!
※この女性は 多分 出ていません

って、何を話しているんだ!映画の話しろ俺の馬鹿!

さて、前置きが相当長くなりましたが、いよいよ本編の話です。
結末含めてネタバレしています!

POVか否か、それは結構重要だ!!

まずはいかにもなパニック映画展開からスタート。
カメラがエイミーという女の子の視点なので、
僕は、2つ思いました。

1つ。もしかすると、エイミーはゾンビに感染していて
そのインパクトをその先に残す為に顔を映さないのでは?

2つ。POV(ポイント・オブ・ビュー)方式で進むのかな。

どうしよう。

俺、すんごい酔いやすいんですけど

せっかく弟が買ってくれたPlay Station VRも、
半年経ってまだ20分くらいしかやれていないぞ(すぐ酔うから)。

答え。POVだった

お母さんが犠牲になり、エイミーはいかにもな工場を逃げ回り、
一体のゾンビに遭遇し、木の破片で攻撃しようとするが失敗、
マウントを取られ終了…。

からの3週間前に時間が戻り、デビットという若い男がメインの話になります。

イチャイチャシーンがしばらく続き、妻のメグの肩に変な傷跡があるのを発見。
この時点であああああああああああ、となる。

その後、メグが箱に入れていたプレゼントをくれるのですが、
なんと中身は陽性の妊娠検査キット
盛り上がる2人ですが、もう観ている人は全員、
彼女が感染しちゃうよねっていうのが分かっているので切ないだけ。

たまにでいいんだけど、この明らかに感染してる身近な人が
実は違いましたよっていう展開があってくれないかしら。

今作のゾンビのゾンビ度

スピード:かなり速い(ダッシュもする)
だが、あまりゾンビが出てこない(話に絡んでこない)。

数:多分かなり少ない。
10体くらいしか一気に出てこないシーンが
合計で2,3回あるくらい。

ホラーゲームのような演出がとても好み

POV方式というのもあり、衝撃的なほどに全体がホラーゲーム的でした。

序盤、エイミーが木の破片を持ってゾンビにチュッチュッと当てようとして
避けられて上から覆いかぶさってくるところのピンチ感とか、
バイオハザード7的な雰囲気がすごい出ていました。

あと感染初期に車で運転するシーンがありますが、これもホラーゲームの序盤みたいでした。
(もしくはUSJとかのアトラクションみたいな感じ)
「待てよなんだよあれ!(人が人を襲っている)」
「あんなところに人が!(立体駐車場の手すりに人がいる)」
とか、襲われている人が乗せてもらおうとして窓に手を掛けてくるところとか。
そういう随所に視覚で訴えかけるホラー演出が続くのだが、
なんていうのか…言葉で言っても伝わらない。

あの、洋ホラーゲームをよくやる方ならすごい楽しめる作品だと思います。

他にも、いかにもゲームな展開でいうと、感染が広がってきたので
デビットは一緒に逃げた友人のウェインとジムに立てこもります。
(あ、メグは何故か警官に射殺されました)
それから数日経つとウェインが明らかにゾンビ化してきて、

それまでは電気が普通に点いている(なんかチカチカはするけど)

ウェインが急に死にそう…ってなると急に電気が消えて表情を見えなくして怖さを煽る

ウェインがやっぱりゾンビになり射殺!!!

倒した瞬間、電気が何故か赤いライトになり、
同時に何故かジムのドアが開け放たれてゾンビが大量に入り込んでくる。

なんかすごいホラーゲームのイベントっぽい演出…。
本編の後半に建物でゾンビに見つかった時も、そこで急に照明が赤くなってました。

ちょっとツッコミを入れたいいくつか

① ヘッドショットうますぎ
デビットが初めて銃を使うタイミングが、急に飛び掛かってきた親友ウェインの射殺。
そこからなだれ込んだゾンビなど合計5人くらいを
ミスなしでヘッドショットで鎮静化させています。
扱いうますぎる。

② 偶然助かるのがラッキーすぎる
恐らくアメリカ全体がゾンビ大量発生中でパニックなのに、
ジムから飛び出してゾンビがたくさんいる街中で気絶していたデビットを
他のキャラが救い出して安全なところに運んでくれるっていう、
ラッキーを超えたラッキー。

③ 宗教的コミュニティでの処刑シーン
外に出たいと言っていた女性を、教祖ポジションのボスが処刑します。
その内容は、
口を塞ぐ。10秒前後。
そしたら急に死ぬ(首を折ったとかでもなさそう)

どうやったの…?

④ あからさまなのに全く感染者だと周りに気付かれないデビット
デビットの左手は序盤からあからさまに爛れてきてヤバそうで、
序盤の時点であーーこれ感染したのねと分かってしまいます。
しかも血管も変な浮き出方をしているのに、コミュニティに助け出された後に
ゾンビとして処理されず普通に治療してもらっている。

その後、教祖が感染者は処刑すると伝えております。
それを言われているデビット明らかに感染してる
(処刑すると伝えられていた時も既に顔にボコっと腫物が出来ているし)。
だがほっとかれる

明らかに様子がおかしくて、嘔吐して限界を迎えている。なのに、
「なんでお前だけ襲われなかったんだ!」と質問される。
見て判断してくれ!!!と言いたい。

そして、いつ転移するか分からないのに
そのままトイレに放置される

ツッコミはそんな感じですね。あとは、ガチな話でいうと各シーンが短いのがもったいなかったです。
序盤~中盤のジム立てこもりで尺を大きく持っていかれたのか、
後半かなり面白そうなスーパーやデパート的なところへの潜入シーンも
各2,3分で終わってしまいもったいない。
(本編80分弱くらいだったから仕方ないけど)

なお、メグがゾンビ感染中期に「人を追いかける夢ばかり見る」と言っていて、
その後デビットも毎晩サブリミナル効果っぽい夢を見るのですが、
(それはメグが横にいて、血を流したりする夢)
それがある日からデビットの夢でも人を追いかけるようになるんです。
ただデビットはもうあからさまに感染しちゃってるのでショックではないので、
ここに行くまであえて左手の爛れを見せずにこの夢を出せば
「あっまさか!序盤の会話の伏線でデビットも感染してるのか!?」
となって良かったのになーと思う元売れない役者。
そして私が売れずに終わったのは、夢を使ったラストのセンスに気付けていないからでしょう。

序盤に繋がるラスト

ラストは、序盤のホラー演出としての登場で本編には全然登場しないんかい!
と思っていた少女エイミーを襲っていたゾンビが、まさかの転移後のデビットだと分かります。
この時は既に背景が完全に白黒になっているのですが、マウントを取ってエイミーを喰う直前、
ギリギリのところでエイミーのお母さんの攻撃でゾンビとしても生涯を終えるデビット。
最期の瞬間、助かって横に寝転がっていたエイミーが、
夢で何度か登場していたメグと同じ体勢だった事で唐突にメグがフラッシュバック。
それまで夢では血を流して悲しそうだったメグが穏やかな笑顔になるんです。
そしてその瞬間、白黒の画がカラーに戻ります。
ゾンビ顔になったデビットもまた穏やかな表情でメグの元に行くエンディング…。

なにこれ!最後油断してたらちょっと涙が出てしまったよ

とまあ、色々と振り返ると、ツッコミどころも多かったけれど、
面白く観れました!最後がハッピーエンドかバッドエンドが多いゾンビモノの中で、
天国でも一緒にいようねエンド的なのが珍しく、満足です!
ちなみにPOVで一番きつかったのは、酔いではなく、デビットのトイレシーン×2ですね。
ここまで疑似体験したくないよ!!

しつこいですが、全体的にホントにホラーゲームそのものだったので、
4DX版とかでこういう映画作ってくれたら面白そうです。したら確実に酔うがな!

ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です